チームフィロソフィー

雪桜会のかかげる哲学


チームビジョン
雪桜会の「将来のあるべき姿」として、生涯にわたりウインタースポーツを愛する人格形成を大切にしていきます。

「スキー」という一部のカテゴリーにこだわらず、「ウインタースポーツ」として幅広く興味を持ってもらいたい、という思いを込めています。

チームミッション

雪桜会の使命・存在意義
 ● この一瞬の大学生活に悔いを残さない事
 ● 個人目標に向け、日々の行動を悔いなく行う事
 ● スキー部の「和」を尊重し 規律ある生活を行う事

チームバリュー

雪桜会が大切にする価値観
 ● 常に謙虚であること
 ● 5つの感謝
  親家族 ・ 仲間 ・ コーチ ・ 応援支援者 ・ 自然 への感謝
 ● 日々の成長
 ● バタフライ効果
 

部長・監督挨拶

<部長挨拶>竹腰 誠 先生

改正されました日本体育大学学友会スキー部のHPをご覧いただきありがとうございます。このウェブサイトを通してスキー部員の普段の生活を見ていただければ幸いです。
また更新頻度を高めシーズン中の活動についてもご覧いただき、直接ご声援いただける機会が増えれば嬉しく思います。

普段から学生たちには「今できることを精一杯頑張ろう」「周囲の人から応援していただける人になろう」という話をしております。今後につきましても、「学生として、スキー部員として、そして社会の一員として」学ぶことの大切さを伝えて参ります。
これからもご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。

2021年7月7日
日本体育大学学友会スキー部
部長 竹腰 誠

<監督挨拶>渡辺 監督

日本体育大学スキー部、監督の渡辺孝司です。
我が日本体育大学スキー部の創立は昭和31年(1956年)でして歴史と伝統のある運動部であります。多くの部員はこの日体大に入り、将来スキーの指導者や体育教師を目指すために勉学を共にし、冬の大会に向け練習に励んだことでしょう。現在の学生も同様に変わることはありません。そして冬季オリンピックやワールドカップなど世界大会でも活躍された先輩が多数おり、私たちの誇りです。そのようなスキー部において現在OBOG会(雪桜会)の会員が約800人おりますので、期待があり大変、監督としての責務を感じております。
今ではセクションも増え、スノーボードやフリースタイルスキーが加わり、多彩な学生諸君が日々の練習に励んでおります。
私は監督として大会成績を出すことは当然でありますが、日本体育大学にふさわしい「スノースポーツ」の指導者になるべく、優れた人格形成を養えるよう指導に取り組むことが役目であると考えております。親御様から4年間離れ自分が進むべくして進んだ大学で、自信を持ちこの世間に必要とされる「人間力」が身に付くよう、学生と共に成長していく所存です。
今後ともご指導ご支援のほどよろしくお願いします。

2021年6月30日
渡辺 孝司

指導管理体制

マネジメント

部長       竹腰 誠
監督       渡辺 孝司
アドバイザー   柏木 悠
スタッフ     市村 優太郎

         唐木 永乃

コーチ

■アルペン           ヘッドコーチ  比留間 悟
                アドバイザー  伊東 裕樹
■クロカン           ヘッドコーチ  三島 龍也
                コーチ     祢津 和利
■ジャンプ・コンバインド    ヘッドコーチ  丸山 寿明
                コーチ     久保田 真一郎
■フリースタイル・スノーボード ヘッドコーチ  冨田 大輔

                コーチ     田原 直哉

トレーナー

フィジカルトレーナー  飯島 庸一
フィジカルトレーナー  澤野 博
メディカルトレーナー  鈴木 啓慈
メディカルトレーナー  今野 明理
管理栄養士       小嶋 理恵
 

主将挨拶(今年度の抱負)

男子主将 山本大晴

今年度主将を務めることになりました、4年ランナーの山本大晴です。

今年度スキー部ではインカレ総合優勝を目標に、日々練習に励んでいます。

今年は、活動の制限が緩和され授業も対面となっています。また、合宿所も新たになり、よりよい環境で過ごしトレーニングができるようになりました。その中で、部員たちは自分の課題と向き合い、目標に向かい活動しています。

OB・OGの皆様からのご支援・ご声援により、昨季はオリンピックやパラリンピックに出場する選手を多数排出することができました。そういった選手に刺激を受け、より高いレベルを目指して切磋琢磨していきたいと思います。

また、様々な企業様からもご支援・ご声援を受け最高の環境で活動ができていることを忘れずに、感謝の気持ちをもって過ごしていきます。

引き続き、応援の程よろしくお願いいたします。

 

男子主将 山本大晴

 

女子主将 笠原ひな

今年度女子主将を務めております。4年ランナーの笠原ひなです。

今年度の女子チームはランナー9名、アルペン7名、コンバインド1名、スノーボード2名、エアリアル1名の計20名で活動しています。

女子全体としてはインカレ総合優勝を目標としています。スノーボード、エアリアルはインカレ種目にありませんが、全日本優勝、世界大会への出場・表彰台など大きな目標を持って日々のトレーニングに励んでおります。

たくさんの方々に応援・サポートをしていただいていること、そして年間を通して良い環境で競技に打ち込めていることに感謝し、各々が目標を達成できるよう精一杯頑張ります。

応援の程、よろしくお願い致します。

 

女子主将 笠原ひな

 

 

インカレ成績

こちらには、1年間の主な成績を載せていきます。
今後、各年度ごとに成績を積み重ねてまいりますので、ご覧ください。
「インカレ総合優勝!」と書ける日が来ることを楽しみにしています。
 

PAGE TOP